CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
私が使ってるポイントサイト
広告クリックや無料登録でポイントを貯めて、現金に交換できちゃう★
無料ゲームで稼げる&高還元率ポイントサイト│ドル箱

上記と同様のポイントサイトですが、還元率が高いので凄く貯めやすくてオススメ!
Search this site


ツンデレ彼氏に恋する女の恋愛ブログ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
風邪ひき。
 
なんだかんだで、引っ越し話は消え去りました
とりあえず今の家に旦那さんが越して来て、うちの母と3人で暮らすという結論で落ち着きました。
ので、来週か再来週には3人暮らしがスタートします

まぁ部屋が狭いことを気にしなければ、旦那さんは通勤時間もだいぶ短縮できるし、
朝起こしてあげられるから寝坊もなくなるだろうし、怖いテレビ見ちゃった後に眠れなくなることもないし、
旦那さんが出張で家を空ける時も母親がいるから安心だし、メリットは沢山ある訳で。
その間にコツコツ貯金しといて、そのうちマンションでも一軒屋でも買えればなぁと思ってます
先はまだまだ長いですが・・・

そしてお仕事のほうは少しずつ繁忙期に差し掛かってきている模様。
にも関わらず、今月なんと2人の事務パートさんが退職してしまうことになりました
2人とも前から辞めたいと思っていたようで、こっそり次のお仕事探しをしていたようです。
しかも2人とも辞める理由が同じという。大きく言えば「社風」が嫌だったみたいです

まあね、まあね。お2人の気持ちもものすごーく分かるのですよ。
確かにうちの会社、面倒くさい。なんか細かいことイチイチうるさく言われるしね。
ちゃんとやってるのに「やってない」「足りない」「もっとやれ」とか言われるしね。
じゃあそう言うアンタらはちゃんと出来てるのかって言ったら、やってるヤツなんて1人もいない。
自分達が出来てないことをパートの私達に求めてくる。それっておかしくない?っていう。
人に「やれやれ」言う前にまず自分達が手本見せろよ、っていう。
それが出来ないなら人に強制するな、ってね。

誰が嫌いとか仕事が嫌いとかじゃなくて、そんな社風が嫌なんです。面倒くさいんです。
彼女達はその理由をぜーんぶ上の人にぶちまけてくれたらしいので、
それを聞いてどう改善していってくれるのか、少し楽しみにはしてるのですが。
2人とも普通にいい人達だったから、本音を言えば辞めて欲しくないんですけどね・・・
私も若干嫌気がさしてきてますが、たぶん主任がいる限りは辞めないだろうな

そんな主任は週末体調を崩して、熱があるのに頑張ってお仕事しちゃってました。。。
内心めっちゃ心配だったけど、結局気の利いた言葉の一つもかけられなかった
たぶん心配したところで「大丈夫」って言って頑張っちゃう人なので。あの方は。
そういう時に限ってお客さんから無茶ぶりが来て、急いでやって欲しいだの何だの言われて
私は主任に頼るしかなくて、つきまとってしまったんですが、
どんな無茶ぶりにも嫌な顔一つしないで「頑張ってみますよ」って笑顔で答えてくれるのです

人づてに聞いたことをお客さんに伝えなきゃいけなくて、
でも人づてで聞いたから詳しいことが分からなくて、主任に聞きに行ったら
「じゃあ実際にものを見に行ってみようよ」って、私を倉庫まで引っ張ってってくれました。
実際のものを見ながら状況を細かく説明してくれました。
てっきり倉庫に用事があって、そのついでに連れて来てくれたのかと思ったのに、
説明が終わったらまたすぐ事務所に一緒に戻って来ました。
わざわざ私に説明するために、風邪ひいてるくせに寒い倉庫に連れてってくれたんだな。
本当あの人、なんでこんなに優しいんだろう
主任の風邪、早く治りますように・・・


posted by 葉月 | 11:27 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
人妻になりました。
 
明けましておめでとうございます(。◕ω◕。)

2011年12月25日に無事入籍を済ませまして、人妻になりましたぁ

とは言え、まだ一緒に住んでる訳でもなく結婚式もしないので全然実感ありません。
苗字も職場では旧姓のまま通すつもりなので全然馴染みません。
この間、さっそく銀行口座の名義変更をしに行ったのですが、
「書類には新姓で名前を書いて下さい」と何度も言われたのに旧姓で書いてしまう始末
そのせいで書類を2枚ほど無駄にしてしまいました・・・窓口の方、すみませんでした

これからお祝い返し、写真撮影、物件探し、引越し、その他モロモロ。
と、まだまだやる事がたっくさんッ!!忙しい日々が続きそうです


さてさて。例の主任ブームは年が明けても相変わらず健在です・・・が、
実は主任が、今年から担当を外れるという話を耳にしました
主任は他のお客様の担当になって、今までのお客様は別の社員さんが担当すると。
つまり、主任と関われる機会が激減してしまいそうです
せっかく少しずつ仲良くなれてきたトコロだったのに

日記を書いていない間も、主任にはキュンキュンさせられっぱなしでした

会社の忘年会にて。
最初は離れた席に座っていた主任が、途中から私の席の近くで飲み始めました。
今回、事務員で参加したのは私一人だけだったので、皆さん凄く気を遣って話しかけてくれて、
その流れで「ありがたいねぇ。可愛いねぇ。」的なノリになったところ、
主任も一緒になって「可愛いですよ。妹みたいなもんですから。」と
他の方はよく言ってくれますが、主任から「可愛い」と言われたことがなかったので、
お酒の席で酔っ払いながらでも言ってくれたことが嬉しくてキュンキュンしました

結婚祝い。
私が入籍した翌々日、事務員一同から結婚祝いの品を頂きました。
昼礼の時に渡されたのですが、事務員じゃないのに何故か満面の笑みでその場を見守る主任。
中身はペアのティーカップとお皿・器のセットだったのですが、
商品と一緒にメッセージカードが入っており、事務員さん全員の名前の最後に、
「ついでに」と前置きした上で主任の名前もきっちり書いてありました
主任、きっと強引にメンバーに入れられちゃったんだな・・・ご愁傷様です
でも、誰が企画してくれたか知らないけど、主任をメンバーに入れてくれた人、ありがとう(人´∀`)
食器とメッセージカード、一生大切にします

キットカット。
年末、主任がお客様の挨拶回りに出かけ、その際にお客様から仕事で使う封筒を預かって来た模様。
その封筒は私宛だったため、会社に戻った主任が私の席まで渡しに来てくれたのですが、
その際に封筒と一緒にキットカットを1袋ポイッと置いて行ってくれました
他の事務員さんとも仕事の話をしてたけど、お菓子をあげてる素振りは見えなかったので
多分これを貰えたのは私だけo(・∇・o)(o・∇・)o
普段よく主任にお菓子とか飴とかあげてるのでそのお返しのつもりでくれたのでしょう

そして昨日も、休みボケが抜け切らずボーッとしたまま鼻をすする私に、
「大丈夫?風邪?」と、心配そうに声をかけてくれる主任。
「風邪じゃないです、たぶん!」と答えたら「気の持ちようってことね。」と笑って返してくれました
また、休み中に溜まっていた注文が一気に来て、受注量が半端ないことになっている旨を告げると、
私の席のそばを通る度に「どう?」と、ちょくちょく気にかけて声をかけてくれました
こういうさり気ない優しさに本当キュンキュンします
なんか見てるだけで癒されるんですよね・・・(* v v)。

今年も主任の笑顔に元気を貰いつつお仕事頑張ります( ̄Д ̄)





posted by 葉月 | 10:23 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
初★お客様訪問&会食。
 
昨日は待ちに待った(?)お客様との会食に行って来ました

と、その前に、主任の粋な計らいで、普段とってもお世話になっている別のお客様に
請求書を届けに行くのに急遽私も同行させてもらうことに

行きと帰りは主任とのツーショット。
駅に着き、ホームで電車待ちをしている間、主任から話を切り出してくれました。
この日は協会のお客様が大勢でみえられ、会社の倉庫を見学して行ったのですが、
そのとき主任は倉庫での業務内容などをお客様に説明する担当を務めたそう。

主任「今日は久々に緊張しましたよー」
私「そうですよね?」
主任「普段もお客さんに説明したりするけどさ、だいたい1人とか2人じゃん。あんな大勢はやっぱ緊張するね。」
私「でも主任は、緊張してても緊張してるように見えないからいいですよね」
主任「いや、やっぱ出るよ。緊張すると早口になっちゃったりするもん。自分でも分かるの。」
私「え、そうなんですか?」
主任「そうそう。だからそういう時は、わざとゆっくり喋るようにするんですよ。
    早口だと相手もわかんないだろうし、自分でも何喋ってんのか分かんなくなっちゃんだよね
私「へぇー。」
主任「今日お客さんが4チームに分かれて来たんだけど、1回目の説明と4回目の説明で全然違うもん。
    4回目のほうが確実に説明が上手くなってた。自分でも上手くなってる!って思ったもん
私「あぁ、分かる!それはそうですよね。でも主任でも緊張するんだ?意外。」
主任「緊張しますよー」
私「でも主任がそんなんなってるの見たことないですよ?」
主任「そう?」
私「あ、本当に緊張してるところを見たことないのか
主任「そうかもね


そして電車の中では、普段聞けなかったことをここぞとばかりに質問しまくりました
でもどんな質問にも笑顔で丁寧に応えてくれた主任はやっぱり良い人(*´ェ`*)

「主任って身長なんセンチですか?」の問いに「俺?176センチ」と答えた後、
  「キムタクと同じ身長なんですよー」と自慢げに笑う主任可愛いなぁ
  なんでも、中学3年までは150センチ以下のチビスケだったのに、
  高校生になってから一気に20センチ以上も伸びたんだそう!
  そのため中学時代の友人に久々に再会すると「お前、身長伸びたなぁ」と驚かれるそうです。

何かの流れで資格の話になったとき。
  私「私、資格取ろうと思っても途中で面倒くさくなってやめちゃうんですよね」
  主任「例えばどんな資格?」
  私「前の会社のときは、基本情報を強制的に受けさせられて、でも落ちてそれ以来受けてなくて。」
  主任「うんうん。」
  私「簿記も取ろうと思ったけど、1回落ちたら嫌になってそれ以来全然勉強してない
  主任「そうなんだ」
  私「英検もそうですもん。1回落ちたらもう嫌になっちゃって。だから英検3級しか持ってない
  主任「俺なんて英検持ってないよ」
  私「それは受けてないでしょ?
  主任「うん、まぁそうだけどでも俺だって持ってる資格と言ったらフォークリフトの免許と●●管理士ぐらいだよ」
  (●●の部分は忘れちゃいましたが、運転なんとかみたいな・・・そんな名前です)

  主任「●●管理士はね、俺もこの会社入ってすぐ受けろって言われて受けて、でも落ちちゃったの。」
  私「そうなんですか。」
  主任「そう。で、諦めてたんだけど、しばらくしたら会社で「お前、また受けないのか?」みたいなこと言われて。」
  私「あぁー。」
  主任「で、2回目はさすがに申し訳ないから自分でお金出して受けたんだけど、
     別に勉強とかしないでパラパラッと参考書読んで受けたら、受かっちゃったの。」
  私「え!すごーい!すごいですね!やっぱもともとの頭のデキが違うんですよ。」
  主任「いや、そんなことないよ。考えてみたら前回と同じような問題が出てたんだよね。」
  私「でも前回の問題を覚えてたってことですよね?」
  主任「いや、でも選択問題だったからさ。選択問題なんてエンピツ転がせば何とかなるじゃないですか。」
  私「うーん、でもすごいですよ!」
  主任「いやー、あれは受かると思ってなかったから自分でもビックリしましたよ。」
  と、謙遜し続ける主任なのでした。頭いいのに全然鼻にかけない所も主任の大好きポイントです

実は今回の会食の話を彼氏さんに話したら、すごく怒られて揉めたのですが。
  私「主任の奥さんって嫉妬とかしないんですか?お客さんとは言え女の人と飲む訳じゃないですか。」
  主任「うちは全然だね。「あぁ、そうなの、行ってらっしゃい」って感じ。」
  私「へぇ、大人なんですね!」
  主任「なに?旦那さん嫉妬するの?」
  私「すーごい嫉妬します。すごい揉めたんですよ、今回」
  主任「え、そうなの?」
  私「そう。もうすっごい喧嘩して。でも「仕事なんだからしょうがないじゃん」みたいな
  主任「そうだよねぇ。」
  私「去年の忘年会の時も、帰りが遅くなったら「遅くない?」とか言われて怒られて。」
  主任「あぁー。」
  私「「飲んだの?」って聞かれて「飲んだよ」って言ったら「普段は飲まないのにそういう時だけ飲むんだ」とか」
  主任「へぇ。」
  私「飲み会なんだから1杯ぐらい飲むだろ、みたいな。」
  主任「お酒飲めない訳じゃないんだからね。断る理由もないしね。」
  私「そう!そうなんですよ!」
  
  主任「でも彼氏も心配なんじゃない?その気持ちも分からなくはないな。」
  私「うーん、心配なのは分かるんだけど。。。」
  主任「俺もそれで浮気されたことあるしね。」
  私「え、そうなんですか!?」
  主任「うん、今の奥さんじゃないよ。前に付き合ってた子に。」
  私「あー、そうなんだ。」 
  主任「そうそう。まぁそういうこともあるからさ。縛りたい気持ちは分かるけど。
      でも、いいなぁ。俺なんか逆に嫉妬されてみたいけどね。」
  私「えぇ、でも面倒くさいですよ。」
  主任「面倒くさいけどさ、いいじゃないですか。俺なんか今日「会社の女の子連れて女のお客さんと飲んでくる」
  って言ったら「いいじゃない、行ってらっしゃい」って普通に言われましたからね。」
  私「それは奥さんが大人なんですよ!どうやったらそんな広い心を持てるんだろう。」
  主任「いや、きっと俺に興味がないだけだよ
  私「そんなことないですよ大人なんですって。逆に主任は嫉妬しないんですか?」
  主任「俺?うーん、普通に「行ってらっしゃい」って言うね。」
  私「聞かないんですか?メンバーとか。「男は何人いるの?」とか。」
  主任「何人とかは聞かないけど、どういう人達とかは聞くかな。
      そりゃちょっとは嫌だけどさ、そこで「行くな」って行ったら自分も行けなくなっちゃうじゃん
  私「あぁー、まぁそうですよね。」
  主任「そうそう。だから「飲み会?あぁ、そうなんだ。行ってらっしゃい」みたいな。」
  私「なるほど。大人だなぁ。」
  
なんて話をしていました
そっかー、主任、浮気されちゃったのかぁ。たぶん主任が優しすぎるからだろうなぁ
主任も色々あったんだなぁ(ノω・、)


目的地に着き電車を降りると、主任の意外な弱点を発見。
なんと、かなりの方向音痴だそう
何度も訪れている場所のはずなのに「あれ、こっちで良かったんだっけ?」「なんかいつもと景色が違う!」
と四苦八苦しながらウロウロする主任そしてそれを面白がりながらただ後を着いて行く私

歩いている途中、妙に主任が道路の右側寄りにをいている気がしたので、
いつも奥さんと歩く時は右側が主任の定位置なのかなぁと思い。

私「主任がいつも右側なんですか?奥さんと歩くとき。」
主任「え、奥さんと歩く時ですか?奥さんと歩く時は、奥さんの後ろですよ
私「えぇー
主任「え、なんで?」
私「いや、なんか右側に寄って歩いてるから。いつも右側なのかなぁと思って。」
主任「あぁ、僕ねぇ、道路の真ん中を歩くクセがあるんですよ。すごい迷惑でしょ
私「え、意味わかんない
主任「えー、でも考えたことなかったなぁ。いつもどっち側だろう。」
私「私は右側が定位置なんですよ。」
主任「そうなんだ。あ、でもうちも奥さんが右側歩いてるなぁ。」
私「女の人って右手にバッグ持つからじゃないですか?だから右側なんじゃないかな。違うかな。」
主任「それは手を繋ぐからでしょ?」
私「うん。」
主任「うち手繋ぎませんから
私「えー、でも間にバッグがあったら邪魔じゃないですか?」
主任「そんなに近づいて歩かないもん
私「いや、そういう話じゃなくて

主任、口ではそんなこと言ってるけど本当はきっと奥さんのこと大好きなんだろうなぁ
照れてるんですね。そんなところも可愛くて好き


もう少しでお客様の会社へ着く、という時、途端に緊張してきた私を、
「大丈夫、大丈夫」と優しく励ましてくださる主任

主任「人、人、人、人、人っていっぱい書いて飲み込んでみればいいじゃん。」
私「えぇー、それ意味あるんですか?
主任「要は気持ちの問題ですから!

なんて言って和ませてくれました
おかげで緊張が和らぎましたよ、ありがとうございます

そしてお客様の会社に到着し、応接室に通されました。
普段よく電話やメールでやり取りしている事務員の女性と、
もう1人たまーにやり取りしている男性が対応して下さったのですが、
2人ともとにかく人柄が良くて、終始和やかなムードで終わりました

途中、お相手の事務員さんが私の事を「よくやってくれてますよ、本当に」と言って下さり、
それに対し主任が「本当ですか?」と答えた後、私のほうを見ながら
「僕もよくやってくれてると思います」と言って下さって、すーごく嬉しかったですO(≧▽≦)O ワーイ♪


お客様訪問が終わると、その足で今度は別のお客様との会食へ。
しかしここでもまた方向音痴炸裂の主任は、地図を片手にあっちへ行ったりこっちへ行ったり
そしてまたしてもただただ後ろをついて行く私
普段しっかりしている主任が慌ててる姿が可愛くて可愛くて、もう目が離せませんでした

結局待ち合わせ時間より10分以上遅れてお店に到着。
お店に着くなり、「すみません、地図が読めない2人なもんで」とお客様に頭を下げる主任
くっそー、可愛いぜ(ノ´∀`*)

今回お客様は女性2人で来ており、うち1人は子持ちの方だったのですが、
会食の間はその女性と主任が子供の話で盛り上がっていました。

主任のお子ちゃま(男の子)は基本「パパ嫌い!」なのですが、
土曜日になると妙に甘えてきたりするそうで、それが可愛くてしょうがないらしく、
つい甘やかしてお菓子やおもちゃを与えてしまうのだそう
「子供に上手く使われちゃってますね」とツッコまれながらも、やっぱり嬉しそうな主任。
すっかり主任の顔からパパの顔になっていました 子煩悩ぶりも可愛いなぁ
普段から子供を可愛がっている情景が目に浮かびました。きっといいパパしてるんだろうな

ときどき仕事の話ももちろん出て、でも内容が難しすぎて私が話について行けなくなると、
主任はそれを察知して、それとなーく私でも分かるような話題に会話を持って行ってくれたり、
私が会話に入りにくそうにしていると「ね?葉月さん!」とあえて私に話を振ってくれたり、
ほんっとーに私のことを気にかけて下さいました(●´ω`●)

途中、主任が会社でどう思われているのか?という話になり、
私に話を振られたので「結構評判よいと思いますよ。優しいってみんな言ってます!」と言ってあげました
主任、「ゴマすってるんでしょ」と言いつつもちょっと嬉しそうだったなぁ

2時間ぐらいで終わると思ってたんですが結果22:30過ぎまで会食は続き。
途中、彼氏さんから「遅い!」とお怒りの電話とメールが入り・・・。
それに勘付いた主任は、会食が終わった後の帰り道で「彼氏、大丈夫なの?」と心配して下さいました。
(ちなみに帰る方向も同じだったため、帰りも途中まで主任とツーショット。)

私「いやー、怒ってますね。遅い!って。もう、主任、話長すぎですよ!
主任「えぇーだって今何時よ?」(と言いながら腕時計を眺める)
私「もう10:30ぐらいでしょ。」
主任「まだ10:30でしょ。何?2時間ぐらいで終わると思ってたの?」
私「うん
主任「大人同士でお酒も入って、2時間で終わる訳ないじゃないですか
私「えぇーでも、遅いって怒られたんですけどてか本当に面倒くさい
主任「彼氏は飲み会とか行かないの?」
私「行くけど、男だけの飲み会しか行かないって。」
主任「でもさ、会社の忘年会とかある訳じゃないですか。会社に1人も女の人がいないってことはないでしょ?」
私「うーん・・・そうだけど。なんて言えば納得してくれるんですか?考えて下さいよ
主任「うーん葉月さんは嫉妬して怒ったりしないの?」
私「私、嫉妬しますよ。」
主任「それはどういうときに?」
私「えぇー、なんか彼氏が、女友達も含めた数人で遊びに行くとか。」
主任「でもそれこそダメじゃない?飲み会は会社の付き合いだけど、女友達は付き合いでもなんでもないじゃん。」
私「そう!そうなんですよ!でも向こうは、「そういうのでとやかく言われるのは嫌だ」って言うんですよ!「友達は友達だから」って!」
主任「じゃあこっちも、友達だからって言えばいいじゃん。「会社の仲いい友達だから」って」
私「そうですよね!でもそれで納得してくれるかなぁ

主任「まぁ、難しいよねぇ。そういうのは。縛ったからってどうにかなるもんでもないしねぇ。」
私「ですよねぇ。難しいです。」
主任「いくら縛ったって逃げ道なんかいくらでもあるからね。」
私「うんうん。」
主任「男って自分に自信がないと束縛しちゃうんだよね。俺もそうだったもん。」
私「あぁー。なんかそういう風に言いますよね。」
主任「うん。俺も自分に自信がない時は「他の男の所に行っちゃうんじゃないか」とか思ったりしたもん。」
私「まぁ心配なのは分かるけど。」
主任「あとさ、自分が浮気してると、相手もしてるんじゃないかと思って不安になるんだよね。」
私「あぁ、そうですよね。そう言いますよね。私は知らないけど
主任「うん・・・まぁ・・・そうなんですよ」 
ってことは主任、浮気したこともあるのね

私「そもそも主任が男だからいけないんですよ!
主任「えー男っていう男じゃないでしょこんなんだよ?
私「でも男じゃないですか
主任「じゃ写真見せてあげればいいじゃん、「どこに男がいる?」って
私「いや、でもそういう問題じゃないんですよ。だって、「主任は結婚してるよ、子供もいるよ」って言いましたもん」
主任「そうなの?そしたらなんて?」
私「「そんなのは関係ない」って
主任「あははまあね。関係ないね
私「関係ないんだ

主任「でもさ、結婚するって言ってんのにね。」
私「そうですよね!あと2ヶ月我慢すればいい話なのに。」
主任「珍しいよね。普通は結婚前って憂鬱になるもんだけどね。」
私「そうなんですか?」
主任「うん。だって結婚したら自分の自由な時間が奪われる訳でしょ。」
私「あぁー、確かに。」

主任「まぁ、それだけ愛されてるんですよ。愛おしいんですよ。」
私「はぁ。そうなんですかねぇ・・・」
主任「いいじゃないですか。どうせ最初の2〜3年だけですよ
私「えぇー、そうなんだ2〜3年か

私「なんか彼氏が言うには、私まだ社員じゃないじゃないですか。まして営業でもないのに何で行く必要があるの?って。」
主任「うーん。でも、社員になりたいんでしょ?」
私「うん。なりたいです。でもなぁ・・・なれるのかな?なれると思います?」
主任「それは葉月さん次第でしょ。」
私「私、なれないと思うんですけど
主任「なれないと思ってるうちはなれないですよまぁうちはそんなに敷居は高くないけどさ、やっぱ少しは努力しないと。」
私「ですよねぇ・・・そうなんですけど・・・」
主任「じゃあ社員になりたいんだったら、今までよりちょっとだけ厳しくなってもいい?」
私「えぇぇ!?」
主任「一つだけ注文していい?優しい主任じゃなくなるかも知れないけど」
私「えぇー・・・じゃあ、いいですよ。」
主任「そんなに難しいことじゃないよ。例えば仕事で、作業の依頼を受けるでしょ?
    そしたらその内容を葉月さんがちゃんと理解してから現場に渡すようにしようよ。」
私「はい。」
主任「葉月さんが理解しないまま渡しても現場の人もわかんないでしょ?
    で、その上で、葉月さん自身が今度は現場に行って実際に作業してみる。
    どういう作業してるのかって実際に見なきゃわかんないじゃん。」
私「はい、そうですね。」
主任「うん。それだけお願いしてもいい?そんなに難しくないでしょ?」
私「はい、分かりました。」
主任「はい。じゃあ、頑張って下さい!」

と、ここで主任は電車を降りて行きました
電車を降りた後も、ドアが閉まって電車が発車するまで笑顔で手を振って見送って下さいました

最初から最後まで本当に優しくて頼もしくて、ほんっとーに素敵な方でした(●´д`●)
この一日で主任に何度キュンキュンさせられたことか
今回のことで今まで以上に主任大好きになりました
尊敬する主任に少しでも見直してもらえるように、月曜日からまたお仕事頑張ります( ̄Д ̄)ノ









































posted by 葉月 | 18:11 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
続・主任ブーム。
 
この間の金曜日、憧れの主任から嬉しいお知らせが届きました(。◕ω◕。)

なんと、私が担当しているお客様との会食が決まったとのこと
うちの会社から参加するメンバーは私と主任の2名
お相手のお客様は事務員の女性3名で来られるようです

会食自体は嬉しくもなんともないのですが、
うちから参加するのが主任と私だけってところに1人で興奮しちゃってます
これってつまり、お店に着くまでの道のりは主任と2ショットってことだよね・・・
ってことは仕事以外のお話がいっぱい出来ちゃうってことだよね(●´д`●)
それが楽しみすぎてたまらんのですッ
奥さんのこととかお子さんのこととか、結婚生活の極意とか色々聞けたらいいなぁ

実はそのためだけに新しいスーツ買っちゃったのですヾ(´▽`;)ゝウヘヘ
未だにリクルートスーツ1着しか持ってないので、そのうち買おうとは思ってたんですけどね。
せっかくの主任とのお出かけ、どうせならちゃんとしたスーツでビシッと決めたいなぁと思って
まぁそんなに値段が張るものじゃないですが、思い切って買っちゃいました
決戦は再来週末ですそれまでに主任に話したいことまとめておかなくちゃ

そしてそして、実は金曜日にもう1つ嬉しい出来事が
当日は仕事が終わらなくて19:30頃まで残業していたのですが、
ちょうど帰る時間が主任とカブり、またまた地元まで車で送ってもらえることに
もう1人の男性社員を送るついでだったみたいですが、運良く送ってもらっちゃいました

主任は基本メガネっ子なんですが、一時期コンタクトをつけていた時期があって、
でも最近またメガネに戻ってて、個人的にそれがずっと気になってたのですが、
その疑問がついに車内での会話にて解決されたのです

私「主任、コンタクトやめちゃったんですか?」
主任「やめちゃったっていうか・・・本気で仕事する時はコンタクトなんですよ!」
私「え?ちょっとよく分からない
主任「現場(倉庫)って暑いでしょ?で、汗かいて拭く時にメガネだと、いちいち取らなきゃいけないじゃん。」
私「あぁー、え、でもコンタクトしてる時に汗が目に入っちゃったら痛くないですか?」
主任「いや、その前に拭くから
私「あ、そっか・・・じゃあ最近は本気で仕事してないってことですね?
主任「いや、そういう訳じゃないですけど・・・

主任「で?なんで(急にそんな質問を)?」
私「いや、最近ずっとメガネだなぁと思って。」
主任「メガネのほうがいいっていう意見が多数あってですね・・・」
私「うん、私もそう思う
主任「あ、そうですか

と、ことの真相はこんな感じでした
主任はコンタクトだとちょっとイケメン風の兄ちゃん、メガネだと優しいお兄さん、って感じで
(↑あくまで私の目から見た、私個人のイメージです・・・)
もちろん両方好きだけど、やっぱりメガネのほうが個人的には好きなのです
いや、メガネなしも格好良くていいんだけどね
そんなこんなで楽しい帰路でございました


そういや、金曜日の仕事中に主任に質問をしに行ったとき、こんなこともありました。
倉庫ではどういう手順でどこをチェックして荷物を出荷してるのか聞きたかったのですが、
「実際に現場で作業してみればいいじゃん。」と主任からのご提案が。
主任曰く「自分が作った帳票がどういう風に現場で使われてるのか、実際に見たほうが分かりやすい」と。
「私もそう思うんですけど、事務の仕事が多すぎてそんな時間が作れない」的なことを言ったら
主任、張り切って「時間は作ろうと思えば作れるじゃん。土曜日とか!」と突然の無茶ぶり
「だって、(土曜はもともと休みだから)教えてくれる人がいないじゃないですか!」と言い返すと
「その時はもちろん俺が出て教えますよ。」とお得意の笑顔を振りまく主任
正直、そこまで思ってくれてるのか!と嬉しくなって「じゃあ土曜日出ます!」と言いそうになったけど
さすがに申し訳ないので「いや、そこまでしなくていいですよ・・・!」とお断りしましたが

なんか、私のためなら喜んで休日出勤するよ!って言ってくれてるみたいで
無性に嬉しくなりました
いや、もちろん主任のことだから、相手が私じゃなくても同じこと言うんだろうけどね
その辺はちゃんと分かってますので大丈夫です
本当もうどんだけ優しいんだよッ・・・





























posted by 葉月 | 13:52 | プライベート | comments(0) | trackbacks(0) |
結婚報告。
 
先週、職場への結婚報告を済ませて参りました


水曜日。

まずは普段一番お世話になっている、事務の先輩(実はこの方も主任さん)へご報告。
少し驚きながらも、「おお!おめでとう!」と快く祝福して下さいました
12月に入籍する旨を伝えると、「まさかベタなところじゃないよね?」とカレンダーを指差し、
23日・24日の辺りを示して「この辺りじゃないよね?」と
「惜しい!25日なんです」と言ったら「やっぱりかベタなとこ行ったなぁ」と納得のご様子。
「プレゼントとか2ついっぺんに済ませられて楽だよね」なんて名案を頂戴いたしました
その後はご自分の結婚生活での苦労話も交えつつ、しばし雑談
実は私の母と同居の形を取る予定なのですが、それに対して
「意外と上手く行くもんだよ。逆に夫のほうの母親と同居するのは大変なんだろうけどね。」
なんて大人なご意見もいただけました


木曜日。

今度は営業所を取りまとめている部長へのご報告。
本当は水曜日のうちにご報告しようと思っていたのですが、なかなか心の準備が出来ず。
見かねた先輩が、部長に「葉月さんが話があるそうなので聞いてあげて下さい」と持ちかけて下さいまして、
無事にご報告の機会を設けることが出来ました
そしてここでもやはり「12月のいつ入籍するの?イブか?」という質問が
「イブじゃなくてクリスマスです」と答えると、「よし、メモっとこう」と何やら手帳にメモり出す部長
さらに、彼氏さんの年齢や職業、借金がないか、彼氏さんのご両親の年齢まで
根掘り葉掘り聞かれ、何故かその情報を全てメモってらっしゃいました
「お母さん一人になっちゃうじゃん」の質問に「一緒に住むんです」と答えると、
「旦那は長男?」とさらに聞かれ、「次男です」と言ったら「またいいの捕まえたなぁ」と
こちらも快く祝福していただけました


金曜日。

いよいよ、主任へのご報告。実はここに一番重点を置いていたのです
ので、ただ私が記録しておきたいだけという理由で、ここだけ詳細を細かく書きます

この日は棚卸しがあったため、普段以上に忙しそうに動いていた主任。
一応、上記のお二方には「まだ他の方には言わないで下さい」と口止めしていましたが、
万が一、何かのキッカケで主任の耳に入ってしまう可能性もゼロではないので、
他の方から聞いてしまう前に、主任にはどうしても自分の口からちゃんとご報告したくて、
なるべく早くお話しようと思っていたのです。

お昼休み、偶然主任が私の席の近くにいらしたので、声をかけるタイミングを伺っていたら
私の視線に気づいたのか、主任の方から「なんですかー?」と声をかけて下さいまして。
恐る恐る「主任、今日お忙しいですよね?お忙しいですよね?」と聞くと、苦笑いを浮かべる主任
「無理だったらいいんですけど、ちょっと時間作ってもらえませんか?」と聞いたら、
二つ返事で「いいですよ」とおっしゃって下さいました

お昼休みが終わると、倉庫にいた主任から私に内線がかかってきて、
「さっきのだけど、どうする?今でも大丈夫?」と主任のほうから聞いてきて下さいまして
「はい、主任が大丈夫な時でいいですよ」と言ったら、
何故かちょっと笑いながら「じゃあ今からそっち行くね」と言って、わざわざ事務所まで来て下さり。

「そんなに大した話じゃないんですけど・・・」と前置きをした後、「結婚することになりました」と言った途端、
主任は「おおッ」と物凄いオーバーリアクションでした
そして一言「俺の勘は当たってたな!!」と。

主任曰く、この前日に私が部長と会議室で話している現場を目撃していたらしく、
その直後から私がなにやらウキウキしていると感じたそうで、
「これは(結婚)決まったな」と思っていたのだそう
私自身、全然そんなつもりはなかったんですが、無意識にウキウキが行動に表れていたのでしょう
それより何より、ウキウキに気づいていたということは、主任が私の行動を気にして見て下さっていた、
ということですよねもうそれが嬉しくてたまらないのですが
そして念願の、笑顔で「おめでとうございます」もバッチリ頂戴できましたよ

とってもお忙しい中、私の結婚報告なんかのために呼び出してしまって申し訳なかったのですが、
「(こんな話で)すみません・・・」と言ったら「なんで?おめでたいじゃないですか」と
またまた笑顔で言ってくれる主任なんていい人なんだッ

12月に入籍することについて、前述のお二方のようなツッコミはありませんでしたが、
「なんで12月25日なの?なんかの記念日とか?」と聞かれた後、少し間があって、
「あ、こういうことは聞かないほうがいいのか・・・?」とちょっと反省している様子でした
別に聞かれても何とも思わないのに、私に配慮してくれてるんだなぁと思うと嬉しかった

以下、覚えている範囲での会話の記録です

主任「(新婚旅行)どっか行くの?」
私「向こうは海外がいいって言ってるんですけど、私は別に国内でいいんですよね。」
主任「いいじゃないですか、海外!」
私「えー、北海道とかでいいんですけど。面倒くさい・・・」
主任「面倒くさいんだ?男みたいだね!

私「私、パスポートも持ってないんですよ。」
主任「じゃあこの機会に取ればいいじゃないですか!」
私「でもパスポート取る手続きも面倒くさくないですか?」
主任「面倒くさいねぇ。でもせっかく相手が行こうって言ってくれてるんでしょ?」
私「あぁ、行ってあげたほうがいいですかね?」
主任「行ったほうがいいですよ!」
私「まぁ行っちゃえば楽しいんでしょうけどね。」
主任「そうそう。楽しいですよ!」

主任「家出るの?」
私「うちの親と一緒に済むんですよ。物件もまだ決まってないんですけどね。」
主任「え、危なくない?(12月までに)間に合うの?」
私「だから、先に籍だけ入れちゃって」
主任「あぁ、引越しは落ち着いてから、みたいな?それならいいかもね。」

私「物件選びも全部向こうに任せちゃってるんですけどね。」
主任「でも、自分で選びたいとかあるでしょ?間取りとかあるじゃないですか?」
私「私、全然こだわりないんですよ。」
主任「そうなの?珍しいね。でもカーテンの柄はこれがいい!とか」
私「それも全然ない。本当なんでもいい。」
主任「ないんだ?へぇ、珍しいね。」
私「たぶん全部母親の趣味になると思いますよ。私の意見はどこにもない

私「それで、このことまだMさん(先輩)と部長しか知らないんで、誰にも言わないで・・・」
主任「なーんで!なんで隠したがるの?
私「えぇ、なんかいろいろ聞かれるの面倒くさいかなぁと思って
主任「あぁ、確かに面倒くさいね。面倒・・・男もいろいろ面倒くさいんですよ。」
私「そうなんですか?」
主任「そうなんですよー。でもあんまり面倒くさいって言うと
    (女の人は)結婚するの嫌なの!?って思っちゃうでしょ?」
私「あぁ、思うかも・・・」
主任「でも面倒くさいんですよ。もうどっちでもいいじゃん、みたいな。」

私「ですよねー。結婚式も・・・面倒くさいからいっかーって
主任「ははははは!ホント男みたいだね!(2回目)」

私「だって(式の準備の過程で)絶対ケンカするって言うじゃないですか?」
主任「ケンカしますよ!何かを決める時ってね、絶対ケンカになるんですよ。」
私「あぁ。そうなんだ。」
主任「もう男はさ、どっちでもいいんですよ。でも例えばお茶碗とかでもそうじゃん。
   女の人はコレとコレどっちがいい?とか聞くじゃないですか?
   正直どっちでもいいよ!と思うんだけど、それ言ったら怒るでしょ?
   だから仕方なくうーん。こっちがいいかなーとか言うワケですよ。」←優しい(ノ´∀`*)

私「あぁ、なるほど。面倒くさいですね。」
主任「面倒くさい。でもその面倒くささを乗り越えないとね。」
私「乗り越えないと。やっていけないですよね。」
主任「そうですよ。だって結婚したら毎日だからね?その面倒くさいのがずっと続くワケですから。」
私「ですよねぇ・・・」

主任「じゃあもう今、一番幸せな時だね。」
私「まぁ。そうですね。」
主任「じゃあ今まで以上に仕事も頑張らないと。」
私「はい、そうですね。」
主任「頑張って下さいね。応援してますから。」
私(え、本当に?という目で見つめる)
主任「応援・・・は、してるよ?」
私「・・・はい

と、結婚生活の先輩から色々なアドバイスをいただきました
仕事の話以外でこんなにちゃんと会話できたの初めてだったので、もう超興奮しましたよッ(*ノ▽ノ)
「応援してる」のお言葉も本当に有り難かったなぁ

最後、会議室を出る直前に「絶対に言わないでくださいね?」とクギを刺したら
「言わなくても多分バレるけどね。そんなウキウキしてたら」とか言われてしまいました(◕ε◕。)

もう本当に優しくて心が広くて、めちゃくちゃ尊敬できる方です
超超人見知りの私が彼氏さん以外の男性にこんなにくだけた態度が取れるのも、
主任がそれだけ話しやすくて良い方だからなんですよねぇ
とにかく無事に結婚報告ができて良かったです(人´∀`)


















posted by 葉月 | 15:51 | 恋愛 | comments(0) | trackbacks(0) |
進展。
 
あいかわらず仕事大忙しの彼氏さん。
土日が仕事でほとんど潰れるため、この先3ヵ月ほど逢えない日々を送ります
そんなこんなで暇を持て余してるので、今後は更新の頻度が一気に増すと思われます

さて。結婚話に進展があったのでご報告
私の思いつきで、入籍日を12月25日に決めましたッ
今まで何かにつけて彼氏さんが決定権を持っていたのですが、
入籍日は葉月が決めてとの彼氏さんの配慮から、

クリスマスが結婚記念日なら覚えやすい
日曜日なので2人で一緒に婚姻届を提出しに行ける

という単純な理由で12月25日を提案したところ、
いいんじゃないと二つ返事でOKをもらえました

しかし、クリスマスに入籍するカップルは多いようで、当日は役所が混雑するという噂も
早めに行ってさっさと提出して帰って来ようと今からやる気満々です(。◕ˇェˇ◕。)


そして、そろそろ会社にも結婚報告をしなきゃと思っている今日この頃。
来週あたり上司に報告しようかなーと企んでおります
恐らく私に彼氏がいることすら知らない人も多いと思うので、
どんな反応をされるのかちょっと不安ですが・・・

主任には彼氏がいることも、相手のご両親に挨拶したことも知られているので
(何故か以前そういう話題になって、喋ってしまったので
きっと祝福してくれるんじゃないかなぁと、ちょっと期待しております
おめでとうって言ってくれるかなぁ(ノ´∀`*)ポッ
主任が笑顔でおめでとうって言ってくれたら、もう他に何もいりません






posted by 葉月 | 16:47 | プライベート | comments(0) | trackbacks(0) |
近状&ときめき。
 
プロポーズを受けてから早5ヶ月が経とうとしておりますが、
あれから結婚話は一切進展しておりません
というのも、その後彼氏さんの仕事が急激に忙しくなり、
残業やら出張やら休日出勤やらで、結婚どころじゃなくなっているのです
希望としては12月頃に引っ越し&入籍まで済ませたいなぁと思ってるのですが。
どうなることやら・・・


さて。以前にもこのブログに書いたことがあるのですが、
職場にとっても優しいけれど何故か評判の悪い主任さん(30代前半)がいらっしゃいます
入りたての頃は接する機会が少なかったのですが(それでもとっても良くして頂いてたのですが)
最近だんだんと主任と接する機会も増えてきました

主任と接すれば接するほど、「やっぱりいい人だなぁ」とつくづく感じる今日この頃。
本当に仕事に対して真剣で、その真面目さがちょっと行き過ぎちゃってパートさん達には
なかなか理解されないんだろうなぁと思います。でも言ってることは本当に正論ばっかり
ただ、ものすごく頭が良いわりに言葉選びのセンスがないのですだから誤解されやすい。
本人には全く悪気はなくて、きっと善意で言ってくれてるつもりなんだろうけど、
言われた側は「バカにされてる?」「見下されてる?」って感じちゃうんでしょうね
私も「そんな言い方しなくても・・・」と思うことが度々ありますが、悪気はないんだと分かっているので
いちいち気にしないようにしてます

そんな主任ですが、根はすっごく優しくて気遣い屋さんなのです
最近私の職場も小さい繁忙期を迎えており、毎日7〜8時まで残業してるのですが
この間、9時頃まで残業した日に、「危ないから」とわざわざ私の最寄駅まで車で送ってくれたり
私が少し風邪気味でノドの調子が悪い時に、さり気なくノド飴を差し出してくれたり

事務員にもとっても優しい先輩(30代)がいらっしゃるのですが、
主任の優しさは先輩の優しさとは種類が違う気がします。

例えば業務で分からない事があったり、お客さんからの問い合わせで分からない事があったとき。
先輩は、「調べておくね」と言ってやってくれるか、
もしくは「今回は俺がやるから、次回から同じようにやってみて」とまずお手本を見せるタイプ。

主任は、一から手順を説明して「じゃあこうやって調べてみて」と私自身にやらせようとするか、
もしくは「どうすればいいと思う?」と逆に聞いて、私自身に対処法を考えさせようとするタイプ。

先輩は本当に優しすぎるぐらい優しくて、一緒にいて楽なのは断然先輩だけど、
私自身が成長できるのは、主任の教え方のほうだと思うのです

先輩のやり方がダメとか言うつもりは一切なく、
どっちが優しいかと聞かれたらどっちも凄く優しいし、2人とも私のことを考えてくれてると思います。
ただ、私にはきっと主任のやり方のほうが合ってると思うのです

・・・って、こんなこと書いてもどうしようもないのですが、なんか語りたい気分だったので
最近私の中で主任ブームが起きていて、主任の笑顔に毎日ときめいてます
決してイケメンじゃないんだけど、なんか可愛いのです













posted by 葉月 | 17:57 | プライベート | comments(0) | trackbacks(0) |
101回目の・・・
 
101回目の・・・
ではないですが、先日ついに交際4年目にして、
彼氏さんから正式なプロポーズを受けました

そこに行き着くまでに色々な事情があったんですが、
結局のところ入籍しちゃうのが一番手っ取り早いじゃん、てな結論に至り。
じゃあ結婚するかという、ムードもへったくれもないプロポーズでしたが、
その場でうんと即答してやりました

早ければ7〜8月くらい、遅くても年内には籍を入れる予定でいます。
まぁそれまでに解決しなきゃいけない問題がいくつかあるんですけどね
彼のことだから多少無理してでもどうにかしてくれるでしょう。
とか呑気に考えております

また何か進展があったら報告しに来ます








posted by 葉月 | 14:41 | 恋愛 | comments(2) | trackbacks(0) |
ノロウィルスにやられました。
 
私もとうとう奴らの餌食になってしまいました
先週の日曜から水曜にかけて、ノロウィルスにやられて死んでました


13日(日曜日)20:00頃。
いつものように彼氏さん宅でテレビを見ていたら、突然腹痛が。
夕食後だったのでちょっと食べ過ぎたかな…と思うぐらいで特に気にしてなかったのですが、
そのうちだんだんと気持ち悪くなってきて、吐き気を催し始め…
彼氏さんに付き添ってもらいお手洗いに行ったら、水のような下痢が(汚い話ですみません)。
さらにその場で我慢できなくなり、スーパーの袋に嘔吐するも失敗して床に散乱
ごめん、ごめんと必死で謝る私に、いいよ、いいよ、困った時はお互い様♪と言いながら
私が撒き散らした嘔吐物を掃除してくれる彼氏さん。

とにかく家に帰ろうと準備するも、立ち上がるだけで体はフラフラ、そして吐き気…。
無理しないで今日は泊まってけば?看病するよという彼氏さんのお言葉に甘えて、
この日は彼氏さん宅に泊まらせていただくことに。

下痢と吐き気は一向に治まらず、その後も一時間おきぐらいに下痢と嘔吐を繰り返し
おまけに熱も38℃ちょい出てたため、寒気で体がぶるぶる震え始め。
正直、熱出したのも嘔吐したのも本当に久しぶりだったし、こんなに辛いの初めてで、
だるさと熱でわけわからなくなって泣きながら私このまま死んじゃうのかなぁ・・・とか
恥ずかしい台詞を平気で吐いてしまいましたでもマジでそれぐらい苦しかったのよ
彼氏さんその度に大丈夫だって。俺がついてるだろ?と励まし続けてくれました。

結局朝方4:00頃まで、頻繁にお手洗いと部屋を行ったり来たり
彼氏さんは次の日仕事なのに、私の体調が落ち着くまでつきっきりで看病してくれ。
お恥ずかしい話、本当に体調悪すぎて、下痢した後に自分で拭く体力すらなくて、
2回ほど彼氏さんに拭いてもらっちゃいました
彼氏さん、嫌がる様子もなく笑いながらまぁ別にいいけどって拭いてくれました。(恥)

その後も、夜中にコンビニに行って飲み物を何種類かと、アイスとかお粥とか買って来てくれて
私があれ飲みたいって言うと私の口元まで持って来て飲ませてくれました。
寒気でぶるぶる震える私に、湯たんぽを作って足元に置いてくれました。
吐き気が治まっても、熱の苦しさで眠れない私を気遣って、朝方まで話し相手になってくれました。


そんなこんなで、なんとか少し体調が落ち着いて来た翌朝、
母が彼氏さん宅まで迎えに来てくれ、そのまま母に連れられて自宅に帰りました。
彼氏さんは結局、ほんの1時間ぐらいの睡眠を取ってそのまま会社に行ったようです

そして母に連れられ近くの病院で診てもらったところノロウィルスと診断されました
もはやを持つ気力すらない私に代わって母が彼氏さんにその結果を報告したところ
ノロ!?マジですか!!とビックリしすぎて笑っちゃってたそうです
幸いその後、彼氏さんの体調に異変はないようなので移ってはいない模様

結局月曜から水曜まで3日間も会社をお休みしてしまいました
そしてノロになった原因も不明のまま。
私と彼氏さんの間では、日曜日の昼間に食べに行ったカレーに当たったのではないか、
と推理していますが、それも合ってるのか間違いなのか定かではありません。

本当に死んじゃうんじゃないかと思うぐらい苦しい時間だったけど、
彼氏さんの愛の深さを再確認できた貴重な体験になりました
あそこまでしてくれる男、なかなかいないよ本当に
でもあの苦しさはもう二度と勘弁して下さい…

皆さんもノロウィルスにはくれぐれも注意して下さいね













posted by 葉月 | 14:29 | プライベート | comments(2) | trackbacks(0) |
そういえば。
 
記念すべき2011年最初の投稿です
って、新年明けてから1ヶ月以上経ってますが・・・


そういえば。
何もせずに過ぎちゃいましたが、1月15日で彼氏さんと付き合って丸3年半が経ちました
そんな彼氏さんは本日、高熱に倒れて自宅で大人しく寝ております
最近遅くまで残業してたから、疲れが溜まっちゃったのかなぁ

私はと言うと、今年に入ってから少々残業が増えたものの、
あいかわらず優しい先輩の指導のもと、楽しくお仕事しています
聞くところによると、2月〜3月がうちの職場の繁忙期らしいので、
もうそろそろメチャクチャ忙しい時期に突入してしまうようなのですけれどね
まぁ残業代いっぱい稼ぐチャンスだと思って乗り切りますよ
今のところ無遅刻・無欠勤の皆勤賞なので、繁忙期も貫けるよう頑張ります

最後にちょっとだけ宣伝
このブログの左下のスペースにリンクも張ってあるんですが、
最近ポイントサイトに登録しまして、ちょっとした小遣い稼ぎをしてます
費用は一切かからないし、広告をクリックしたりするだけでポイントが貯まり、
1P=1円として現金に交換できるのです
私は昨日と今日だけですでに1500円分のポイントを貯めちゃいました
誰でも手軽に出来るので、興味のある方は是非










posted by 葉月 | 15:34 | 恋愛 | comments(0) | trackbacks(0) |